運営方針

 

超高齢社会に突入する中、高齢者の終の棲家を巡っては多くの課題が山積しております。

漂流する高齢者にとって、終の棲家はどこにあるのか?身寄りのない独居老人をサポートするのは誰か?

低所得高齢者を受け入れる施設は作れるのか?それぞれ、皆、決して容易いことではありません。

 我々はこれまで多くの施設を開設、運営をして参りました。

多くの失敗をしながら、ノウハウを蓄えてきました。

その経験に基づき、一人でも多くの高齢者が安心して生活ができる環境づくりに向けて、

一般社団法人ロングライフサポート協会を立ち上げました。

 その事業は、高齢者の身元引受を中心とする終活支援と、

高齢者が安心して入居できる施設づくりに集約されます。

多くの高齢者が安心して生活できる環境づくりを目指して、次の事業に取り組んで参ります。

 

・身寄りのない高齢者の身元引受を積極的に行うこと。

・エンディングノートに基づき、終活活動をサポートすること。

・施設と協力をして受け入れ環境を整備すること。

・施設開発並びに施設再生事業を展開することにより、受け皿の更なる拡大を図ること。

 

                     一般社団法人ロングライフサポート協会

                         代表理事 清原 晃